【ネパール】自然の力で地域を守る【活動報告】

更新日:

ネパールの山岳地域では、40年程前に針葉樹の松を多く植林したために、

落葉樹、広葉樹がほぼありません。

針葉樹と広葉樹のバランスが悪く、山に保水力が乏しいため

雨季のたびに道が崩壊してしまいます。

そこで、地域の研修先達と山頂から植林を行い

保水力のある山を作り、災害に強くします

もみの木、花の咲く木々、薔薇も植えました。

木がしっかりと根を張って育つ事で

土砂災害に強くなり、道の崩壊を防ぎます

自然の力で地域を守る

(主催:公益社団法人アジア協会アジア友の会 協力:外務省)

-活動報告

Copyright© 一般社団法人いきものの森再生機構 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.