私たちがペレットストーブを推進する背景

いきもの達の住める森を再生するのに重要な課題として、針葉樹に埋もれてしまった山々を広葉樹に植え替えていく必要があります。
針葉樹は、常緑樹で葉が落ちず、落ち葉がないので自然の腐葉土が作られず、山の土は痩せ、生命は途絶え、山々は死に至ります。
広葉樹は、葉を落とし、落ちた葉が腐り、良質な土壌を生み出します。良質な土壌には多くの生物・バクテリアが生息し、山は生き生きと鎮座します。
戦後、次々と植林された針葉樹はすでに飽和状態にあり、日本各地に放棄された針葉樹林があります。
放棄された針葉樹林から針葉樹を伐採し、広葉樹を植林し、日本の原風景を蘇らせることで、山は生き、人々は自然に感謝しほんとうの意味での豊さを手に入れ幸せに生きていけると考えます。

そもそもわたしたちは、”自然を守る”ことに対して間違ったイメージを持ってしまっています。「木を切ると自然に悪い」「森林伐採は罪だ」とこんな風に、木を切る=環境破壊 と思ってしまっています。しかし実はそうではありません。日本は現在、国内で使用される木材の大半を輸入していることで、昔から続いてきた日本の森林保全が行き届かなくなっています。つまり、正しい森林資源のサイクルができなくなってきています。『植える→育てる→使う→植える』という森林資源のサイクルを好循環にすることで、適切な森林整備が確保されるとともに、未来の子どもたちに健全な自然環境を継承していくことにも繋がっていくのです。
それとともに、地元の木材を使用していくことで雇用創出にもなります。 今まで、海外に流出していたお金を地元で活かすことができるのです。

伐採する針葉樹は、相当量あり、当面枯渇する心配のない優良なエネルギー資源となります。
いきものの森再生の過程で生まれる優良なエネルギー資源をペレット化し、有効に使用するためにペレットストーブが最適なのです。

『未来型の暖房器具』さいかい産業のペレットストーブ

さいかい産業は、新潟県にある国内有数ペレットストーブのメーカーです。 同社は製造・販売だけではなく、「日本の森を育てたい」という想いを胸に、森林を整備することで発生する間伐材や林地残材を主原料とした全木ペレットの使用を前提として製造しています。
ところが全木ペレットは、樹種や地域により燃焼性能が異なるため、燃焼の制御が難しいという側面があります。
そこで、さいかい産業は、日本で初めて木質ペレット燃料の製造とペレットストーブの製造を同時に事業化し、独自のノウハウにより燃料と燃焼器具の特性を理解することで、燃費の向上や故障・メンテナンスの大幅削減に成功しました

【ペレットストーブのお問い合わせ先】

各地域の製品に関する知識・技術について受講・取得した認定技術者「SAIKAIマイスター」が伺います

関西地区統括代理店 TEL: 0744-55-4971/FAX:0744-55-4971

東海地区統括代理店 TEL:050-5372-9756

更新日:

Copyright© 一般社団法人いきものの森再生機構 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.